説明書の多言語翻訳|テクニカルライティング

技術翻訳 エクセレット株式会社

「日本語の文字数から英語のワード数換算」英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、海外販路拡大、技術文書翻訳

2022年5月19日(木)10:00 流山市街地走行中

さて、海外製品の輸入販売、海外へ輸入する際の製品開発前に
翻訳を工数に含めなくてはいけない。

という状況。

よくありますよね。

しかも海外展開を視野にいれており、原文を英語でしか翻訳せざるをえない状況の場合。

しかし、手元には日本語の文章しかない・・。

欧州言語などの翻訳はよくありますね。

では、いったい日本語の原稿を見て、英語にするとどのくらいの分量になるのか?

悩まれたことはないでしょうか。

そこで、今回は、翻訳に関するのちょっとした知識をご紹介します。

たとえば日本語で400文字の原稿を英語に翻訳すると何単語になるかといいますと、
だいたい、
200から250単語になります。

かりに10,000文字(400字換算で25ページ)を翻訳する場合、
250単語×25ページ=6,250単語になります。

もちろん、ページ内に図やイラスト、
補足説明文の大小により単語数が増えたり減ったリすることがあります。

ちなみに、翻訳業界では1ページ400文字という換算が主に使われます。

これは原稿用紙が元になっています。

今回の換算方法は、
訳仕上がりの単語数を見積とする翻訳会社とお付き合いする場合にも有効ですね。

弊社は、原文の単語数や文字数を基に算出します。

訳仕上がりの分量は関係ございません。

【英語で一言】
「あなたならできるって信じている」 I believe you can do it.
you can do it.「あなたはできる」が
believe…「~ということを信じる」の目的語になっています。

【語彙を増やそう】
二階から目薬 にかいからめぐすり
思うようにならないこと。効果がないこと。
Far water does not put out near fire.
遠くの水は近くの火を消せない。

==================↓当社のご案内↓===============
当社は、技術翻訳を専門としています。
いわゆる独立系です。
行動指針:日本から世界へ、世界から日本へ商品・サービスを提供する方々を応援します

対応言語:英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語(南米/欧州)、
オランダ語、ポルトガル語(南米/欧州)、ポーランド語、ロシア語、
中国語(簡体字/繁体字)、韓国語、ベトナム語、タイ語、タガログ語など

対応ファイル形式:Text、HTML、XML、RST、XLIFF
Adobe社 Illustrator、Photoshop、InDesign、FrameMaker
Microsoft社 Word、Excel、PowerPoint

メールでのご連絡はこちらをクリックしてください

問い合わせフォームから翻訳のご相談、御見積依頼はここをクリックしてください
または、お気軽に電話してください(^_^)
03-6869-1917 

エクセレット株式会社Facebook

代表 川崎の自己紹介  🙂

フリーランス翻訳者/テクニカルライター募集

エクセレット株式会社WEBサイト

ページトップ