説明書の多言語翻訳|テクニカルライティング

技術翻訳 エクセレット株式会社

翻訳となる対象分野が精密機器、自動車、重機、建設機械、科学機器、計測機器、工作機械、
CAD、CAE、プラント設備、農業用機器、NCマシン、ロボット、分析・理化学機器などです。

代表的な文書には、取扱説明書、操作ガイドといったマニュアルをはじめ、
技術仕様書、設計書、技術論文、データシート、修理マニュアル、
国際規格などがあります。
理系の専門知識も必要です。

英語から日本語への翻訳では、
日本語を正確に理解し表現できる「テクニカル・ライティング」スキルが求められます。

このような技術関連文書を翻訳する行為技術翻訳と言われます。

輸出産業では、日英翻訳の需要も高い分野です。
もちろん、欧州言語、東南アジア諸国の言語も対象です。

【技術翻訳と翻訳の違いは?】
技術翻訳は、
専門用語、業界特有の表現が含まれた技術関連文章を他の国の言語へ変換(翻訳)する
行為です。

翻訳は、日本語を他の国の言語へ変換したり、
他の国の言語を日本語へへ変換する行為です。

言語に変換するという意味では、
どちらも違いはございません。

しかしながら「技術」と付くぐらいですから、
上記の業界の専門用語を正確に翻訳することが求められます。

高い正確性が問われます。
なぜなら、専門用語を間違えることで文章の意味が変わり、
操作ミスにつながる可能性があるためです。

この専門用語を理解するために製品を理解し、文章を徹底的に読み込み、
不明な技術知識は、インターネット、お客様のWEBサイトを閲覧したり、
国会図書館へ行き調べたり、あらゆる調査を行います。

上記の違いにより、あえて「技術翻訳」という表現が存在します。

自動翻訳サービスでも翻訳する文章によって料金の差がありますね。
専門性の深さが違うためです。

技術翻訳以外に出版翻訳、映像翻訳という分野もあります。

技術翻訳という言葉の起源は定かではありませんが、
約5、60年前には存在していたと聞いたことがあります。

ページトップ