説明書の多言語翻訳|テクニカルライティング

エクセレット株式会社

「通訳者になるには」工業 科学技術 技術翻訳/取扱説明書制作

2020年2月18日(火)国道6号走行中 

翻訳サービスを生業にしていると通訳の問い合わせがあります。

ということで。

通訳者へはどのようになるのかを書いてみます。

一般的には、通訳者養成学校で通訳技術を学びます。

通訳会社が運営していることが多い為、実践的な授業が受けられます。

入学するのにTOEICの点数を聞かれることもあります。

養成、専門学校で学んだ後は、通訳会社に応募、登録し、仕事を回してもらい請け負うことができます。

また、企業に社内通訳者として籍をおくこともできます。

翻訳と同様、即戦力が求められるため、派遣会社に登録して実績を積むことを必要です。

小さい通訳プロジェクトで実績を積んでいくと、逐次通訳、同時通訳者、ウィスパリングへの道が開けます。

当然、報酬も上がっていきます。

活躍する場は、会議、商談、プレゼン、インタビュー、記者会見、政治間交渉があります。

社会人としてのマナー、礼儀作法も問われます。

通訳を請け負う際は、コミュニケーション能力、対応力や請け負う内容、業界、分野を調べる力も必要です。
豊かな日本語表現力も当然必要です。

勝手に意訳して通訳しないことも重要です。
通訳中に分からない言葉がでてきたら、分からないと言える勇気も必要です。

【英語で一言】
「寝耳に水の話だ」 That news came out of nowhere. That’s news to me.
1文目は、「そのニュースはどこからともなく突然現れた」の意味です。
2分目は、「そのニュースは初耳です(私にとってはニュースです)」おの意味です。 

サービス内容を聞いてみたい、まずは翻訳、レイアウト成型(DTP)の見積をしてほしい方は電話、メールにてお願いします 🙂

メールでのご連絡はこちらをクリックしてください

当社WEBサイトから翻訳に関するご相談、御見積依頼はここをクリックしてください
または、お気軽に電話してください(^_^)
03-6869-1917 

代表 川崎の自己紹介  🙂

■Youtubeチャンネルを作りました↓↓
エクセレット株式会社の紹介動画

フリーランス翻訳者/テクニカルライター募集

エクセレット株式会社WEBサイト

地引網_BBQ体験プロジェクト_甚四郎
最寄り駅は、岩井駅(内房線)です。
高速バスですと「ハイウェイオアシス富楽里」が最寄りです。
母方の伯父とその息子が運営しています。

ページトップ